バカを見た正直者

ーネット恋愛や、ネットからの恋愛をしているあなたに読んでほしいブログー

やがて彼も目を覚まし、それぞれ身支度を整えて、帰路に着くことにしました。

彼は、そのホテルからバスを使って50分ほどのところに住んでいました。
彼は一人で帰れるといっていましたが、仕事で使う道具なのでしょうか…。なぜかその日は大荷物でした。

そこで私は、彼をアパートまで自分の車で送ることにしました。
「私の車ならさ、アパートの前まで行けるし。
そんなに大荷物抱えて帰るのも大変でしょ?」

私たちはチェックインを済ませて、ホテルの駐車場を後にしました。
彼の道案内で、彼のアパートに向かっていたのですが、不意に彼が言い出しました。


「こんなに穏やかな運転する車に乗るの、本当に久しぶりだ。」

「え?」

思わず聞き返してしまいました。

「たまに職場のドライバーさんに送ってもらうこともあるんだけどさ、こんなに安全運転する人いないからさ。
ここの道だって、たぶん80キロくらい出して走ってるし。」


そこは交通量のそこそこある、住宅地の中の幹線道路のようなところでした。
そして、見通しもあまりよくありません。
どんなに急いだとしても、せいぜい50キロくらいしか出せないような道路でした。


「きっと、夜とか人のいない時間に走るから、スピードが出せちゃうんだろうね。」


穏やかに答えました。
もちろん、本当は良くないと思いますが、別に彼が運転しているわけでもないし、何より彼らの住む世界を否定しているような気分になりたくなくて、フォローしてしまいました。

すると突然、彼がまじまじとこちらを見ていることに気づきました。
何か変なこと言ったかな?と考えながら、どうかしたのかと聞いてみました。


「しろってさ、本当に運転できたんだね。」


今まで隣に乗っておきながら、突然何を言い出すのかと少しびっくりしてしまいました。
けれど、よく考えてみたら、それまで都内で会うときには私は新幹線で来ていました。
たとえ話には聞いていても、想像がつかなかったのでしょう。


「意外だった?本当に運転できちゃうのが。」

いたずらっぽく答えてみました。

「そんなことないよ。運転できるのも知ってたし、車が好きなのも知ってたけど、なんか意外な一面を見た気がしてさ。」


確かに、私たちは知っているようで、お互いに知らないことが多かったのかもしれません。

ー知らないことは、これからどんどん知っていけばいいー

そう思いながら、他愛のない話をしながら、彼のアパートの前に着きました。


「ありがとうね。」

「ううん。どういたしまして。また遊びに来るね。」


車中で別れのあいさつを交わしましたが、不意に彼が私の左手を握ってきました。
けれど、何も言葉を発しようとはしません。

私は、不意に、言いようのない不安に襲われました。


ー本当にまた会えるのかなー


一度辛い裏切りを受けた心は、一晩で埋められないほどの傷を負っていました。
私は、意を決して尋ねました。

「これからも、私を彼女にしておいてくれますか?」

目を見ることができず、伏し目がちで言ってしまったと思います。
彼はそんな私に、また突然口づけてきました。

白昼堂々、人通りもあるようなところで…。

けれど、そんなことは頭には入ってきませんでした。

唇を話すと、「もちろん」と笑顔で答えてくれました。


ーよかったー


「ありがとう。嬉しいよ。」


私たちは今度こそ別れの挨拶と、また会おうという約束をして、
彼は車を降り、私は車中から手を振ると、そのまま最寄りの高速道路のインターへと車を走らせました。

彼は、私が見えなくなるまで、アパートの前で見送ってくれました。





これが、最初で最後のドライブになるなんて思いもよりませんでした。
そして、この時が本当の地獄の始まりだなんて、知る由もありませんでした。

彼が寝付いた後、いつの間にか私もそのまま眠ってしまっていたようです。

いつの間にか時刻は10時を回っていました。

ーまだチェックアウトの時間までは余裕があるし、もう少し寝かせておこうー


私はそっとベッドを出て、荷物を取りに、自分の部屋に戻りました。
そして荷物をまとめると、また彼のいる部屋に戻りました。


ー帰りも長距離運転が待っているし、今のうちにできるだけ体力を温存しておこうー


私も横になり、のんびりとスマホを眺めていました。
何件かLINE通知が入っていた中に、奈美ちゃんと高杉からのメッセージがありました。


高杉には取り急ぎ、復縁したという事実を伝えました。
彼氏のいる前でほかの男性と連絡を取るのはいささか気が引けましたが、高杉はずっと心配してくれていた幼馴染なので、どうしても返信をしたかったのです。

すると、高杉も休日だったのか、すぐに返信をくれました。

「竹中め、しろと付き合えるなんてうらやましすぎるぞwww」

何とも高杉らしい返信でした。
優しそうな奥さんがいるのに、何言ってるんだかこの男は…と少し笑ってしまいました。



そして奈美ちゃんには、復縁の報告と、これまでたくさん世話を焼いてもらったことへのお礼を伝えました。

すると、「よかったね。」という言葉とともに、ある事実が伝えられました。

ここ1か月近く、毎日のように彼の相談に乗っていたこと、
復縁は彼が心から願っていた事ということ、
うりえるとはかなり揉めたけれど、彼自身の意志で彼から別れを告げたということ、
復縁のためだけに、たくさんの女性関係を清算したこと、

そこまでしても、本当は、当の本人は自信がなくて何度も「自分みたいな男でも、しろはまた付き合ってくれるのだろうか」と心配していたこと。


今、隣で寝ているこの人が、そこまで自分のためにしていてくれていたのかと思うと、
どこか申し訳なささえ感じてしまいました。


本来なら、自分で蒔いた種です。
はっきり言ってしまえば自業自得以外の何物でもありません。

けれど、たかが私のような世間知らずのためにそこまでしてくれていた事、私にはもったいないくらいでした。


そして、ごめんなさい一つ言えなかった男が頭を下げたこと、
自分に自信はないくせに、人一倍プライドの高いあの男が、自分からチャンと復縁の申し出をしてきたこと、

私にとっては、どれももったいなさ過ぎる出来事のように思えました。


寝顔を見ながら考えていると、不意に彼が目を覚ましました。

「今何時?」

時刻を伝えると、「まだ寝てても大丈夫だね」と、再び眠ってしまいました。
けれど眠りに落ちる直前、私の体を抱き枕のように掴んで、そのまま眠りについてしまいました。

「…安心する。」

寝言だったのかもしれません。けれど、はっきりと聞こえました。

ーこの人は、本当にこれまで不安だったんだな。多分、すごく寂しかったんだろうなー


チェックアウトの時間をギリギリまで延長し、私は彼を休ませることにしました。

私が腰を掛けた瞬間、竹中さんの腕が私に伸びてきました。

あまりに突然だったので、私は反射的に逃げようとしてしまいました。
しかし、竹中さんのほうが一瞬早く、私は簡単にその腕に捕らえられてしまいました。
そして、抱きすくめられてしまいました。

あまり体格差のない私たちです。

本気になって逃げようと思えば、逃げられたかもしれません。
けれど、どうしても私はその腕から逃げることができませんでした。

竹中さんの表情を伺い知ることができません。
だからなのかもしれません。

私を抱きすくめている、少し震えている、そして離すまいと力を込めているその腕から、逃げるという選択肢が浮かばなかったのは。

ーきっと、何かに不安を感じているんだー


男の人に抱き着かれているというよりは、迷子になった子供に抱き着かれているような、そんな心境でした。
振りほどくことも、抱き返すこともできずにいました。


どのくらいの時間、そうしていたのでしょうか。
とても長い時間のように思えました。
やがて、竹中さんは腕の力を少し弱め、
けれど私の体を離さないまま、私の顔を覗き込んできました。


子供のようだと思ったけれど、目の前にあるのは、やはり私を捨てたあの男の顔。

私はどんな顔をしたらよいかわかりませんでした。

ーどうして捨てられたのかー
ーどうして綺麗ごとを並べて、ずるい方法で私を捨てたくせに、またこうして会いたがったのかー
ー何故、私は抱き着かれているのかー
ー何故、私は逃げられずにいるのかー


一瞬で、いろんな考えが頭の中を駆け巡りました。
私は竹中さんと目を合わせることができず、またうつむいてしまいました。

ーやっぱりだめだ。これ以上ここにいたら辛くなる。話はまた後で、場所を変えてー

そう思い、私が口を開こうとした瞬間、
私の唇に触れる柔らかい感触がありました。

口づけられていました。

先ほど、一瞬だけ弱められた腕は、力いっぱい私を抱きしめて離そうとはしてくれません。
呼吸もままならないまま、唇も体も離してはくれませんでした。
私は思考がまとまらず、ただただ、そのままされるがまま、口づけられ、抱きすくめられていました。

ーこれ以上ここにいたら、本当に取り返しがつかなくなるー


迷いもありました。
私自身、嫌いで別れたわけではありません。
会いたくなかったと言えば嘘になります。
頭から離そうとしても離れなかったほどに、ずっと脳裏に焼き付いていた存在です。
何もかも嫌な思い出を忘れて抱かれてしまえば、確かにそれもその時は幸せかもしれません。


しかし、このままでは都合のいい存在になってしまうのは明白です。
大事な話とやらも、まだ何も聞いていません。

私は迷いを断ち切るようにして、自分の両腕に力を込め、竹中さんの体を引きはがそうとしました。

けれど、私の動きを察知してか、私が引きはがすよりも先に、竹中さんがようやく唇を離してくれました。
そして体は離してくれないまま、私にこう言葉を掛けました。

「しろってさ、前から思ってたけど、そういうところが本当にかわいいよね。
本当は抱き付き返したいくせに、すぐに強がるところ。」


本当に予想できなかった言葉に、私は言葉を失いました。
私は竹中さんを引きはがそうとしていました。なのに、その動きの裏にある心の迷いは、見透かされていたようです。


けれど、同時に怒りもこみ上げてきました。

ーどこまで自分勝手なんだー
ーどこまで自信過剰なんだー
ー捨てておいて、どうしてそんな物言いができるのー
ーどうしていつも、読まれたくない心の内を読もうとするのー

言葉にせずとも、様々な思いがこみ上げ、私は涙がこぼれそうになりました。

けれど、泣き顔を見られるのが嫌で、けれどこのまま引き下がるのも嫌で、
突き飛ばしてしまいたいけれど、やっとまた会えたのに離れたくもない…。


無意識のうちに、私は竹中さんの胸に自分の額を押し付け、力いっぱい竹中さんのワイシャツを掴み、こう言い放っていました。

「あれだけのことされて、今だってこんなことされて、どんな顔したらいいかわからないじゃない!」

言葉は完全に涙にぬれていたと思います。

「抱きつきたいとか、抱きつき返すとか!そんなこと…!」

私の言葉の途中で、私の言葉を遮るように、私の頭を撫でられるような感触がありました。
そして、頭上から竹中さんの言葉が降ってきました。

「そうだよね。当たり前だよね。しろ、ごめんね。」

突然の謝罪に、私の言葉は完全に着地点を失いました。

ーあの、竹中さんが謝ってる…?ごめんなさい一つ言えなかったこの人が?―

正直、別れを告げられた時でさえ、私は何一つ謝られたとは思っていませんでした。
「申し訳ないと思っている」という趣旨の言葉はありましたが、「こう言っておけば、許してもらえるだろう」という考えがあるのではないかと、そしてなにより、本当に自分が悪いなんて思っていなかったと思います。

なのに、今降ってきた言葉は、本当に、自分が悪いと思って発した言葉のように思えました。
直接面と向かって言われたからなのでしょうか。そこは私にもわかりません。

けれど、私はびっくりして、思わず泣きぬれたままの顔を上げてしまいました。
竹中さんを見つめるその目は、戸惑いと涙でいっぱいだったと思います。


竹中さんは、真剣な面持ちで話を続けます。

「謝っても許されないと思う。
けど、俺はしろともう一度付き合いたい。本当に今までごめんね。」

涙があふれて止まらず、嗚咽だけが部屋に響いていました。
いつの間にか、私は顔を上げていられずうつむいてしまっていました。


ーこの人がここまで言うなんて、本当に反省して、本当に勇気を出して言ってこれているんだろう。きっと、大変な準備をしてきて、大きな覚悟を持って、今こうして言葉を選んでいるのだろうー

かすかにふるえていた竹中さんの腕から、そう感じずにはいられませんでした。
直接言葉にしなくても、私は悟りました。
この人は、この日のために、すべて捨ててきたんだと。


すると、今度はそんな私を、竹中さんがもう一度、力いっぱい両手に抱きすくめました。
そして言いました。


「一人でずっと待っててくれたんだよね。
ありがとう。また、これからもよろしくね。」


言葉が出ませんでした。
忘れようとしたことも何度もありました。
憎んで、恨んでいました。
けれど、結局私はどこへも行けず、時間が止まったままでした。
自分は本当は愛されたかったんだと、嫌でも実感せずにはいられませんでした。


まだ顔を見ることができなかった私は、そのまま竹中さんの背中に腕を回し、
胸元に顔を押し当てたまま、精一杯の力で抱きつき黙って頷きました。

肯定の頷きでした。


「ありがとうね、しろ。」


そう言うと竹中さんは私に顔をあげさせ、再び口づけました。

ーもう一度、信じようー

私は、最後にもう一度だけこの人を信じることにしました。

決して一夜のためだけではない、
これからの二人のために彼が勇気を出してした謝罪と、復縁の申し出を受け入れたのでした。

↑このページのトップヘ