玄関の前に立っていたのは奈美ちゃんでした。


「遊びに来てあげたよー!」


泣き顔を見られたくはなかったけれど、
唯一、私のネットからの恋愛や竹中さんのことを知っている彼女です。

私も少し、話を聞いてもらいたかったのでしょう。
カギを開けて、奈美ちゃんを招き入れました。


「どうして泣いてんのさ。」


その言葉に、私の目からは堰を切ったように涙があふれてあふれて止まりませんでした。

そして、リビングの床に座ると、
今見つけてしまったアカウントのこと、
私は浮気されていたこと、
私だけ日陰者にされて辛かったこと、

すべてを打ち明けました。


奈美ちゃんは、最後までうなづきながら、私の話を聞いてくれました。

そして言いました。

「見つけちゃったんだね、あのアカウント。」

奈美ちゃんも少し前に、偶然、そのアカウントを見つけていたようです。
仕事の一環かもしれないけれど、実は浮気であったこと、そこまですべて知っていました。


そして、こう付け加えました。

「あの女も配信者らしくてね。
どんな女かと思って、あの女の配信に潜り込んできたんだよね。
昼間は派遣会社で少しだけ働いているけど、夜は風俗で働いているんだってさ。
昼間の仕事だって、世間体のためだけに働いているだけで、ほとんど真面目に働いてないみたいだよ。
知らないふりして本人に直接聞いてみたんだけど、彼氏には夜働いているのは内緒なんだってさ。
同じ夜の中でも、彼氏がドン引きするような仕事だからなんだってさ。」


奈美ちゃんは、本当に仕事が早かったです。


「付き合っていること自体、竹中のいうお仕事なのかどうかはわからないけど、しろが相手にするような価値はない女だよ。
夜職だから言ってるんじゃなくて、あいつは本当にしろに害しか与えないから、しろは関わらないほうがいい。」


うりえるさんにしたって、本当は壮絶な生い立ちがあって、どうしようもなく、そういう生活を強いられているのかもしれません。

もともとの私でしたら、そう思えていたでしょう。

奈美ちゃんは、わたしのその考えを優しすぎるといつも言っていました。


しかし、これが優しさならば、
この時の私は、完全に優しさをどこかに落としてきてしまっていたのでしょう。


冷たい私は、このうりえるさんに対して、同情心の一つすら持てずにいました。
不思議なくらい、心が、感情が動かなくなっていました。


奈美ちゃんは続けます。

「いずれにせよ、このうりえるって奴が何者であれ、竹中が犯した罪は大きいよ。
約束したんだろ?今度は浮気しないって。
言い寄ったのはどっちかわからないさ。けれど、約束を破ったのは竹中だ。
こいつらはまだ、私やしろがこのことに気づいていないと思ってる。
少し締め上げないと、大事な友達ををここまで傷つけた私の気が収まらないな。

しろ、少しこの男を締め上げてきてもかまわないよね?」


私はもう、頭が回っていませんでした。


「うん。思う存分、奈美ちゃんの気が済むまでお説教してきてもいいよ。奈美ちゃんが犯罪者にならない程度にね。」


私は完全に上の空でしたが、奈美ちゃんの申し出を受け入れました。
ただただ、私の身をいつも案じてくれていた彼女の申し出を断ることなんて、私にはできませんでした。