私の心も荒み切っていましたが、竹中さんもまた、だまされていたという意味では被害者でした。

本来ならば、同情すべき部分でもあるのかもしれません。
しかし、この時の私には、まだそのような心の余裕はありませんでした。


日陰者にされ、絶対に公表されなかった私、
大々的に公表され、すごく大事にしていますよというようなアピールも散々されていた彼女たち。

正直に、竹中さんの言葉を信じ、日陰者でもひたむきに一途に相手を思っていた私がバカでした。



奈美ちゃんは、竹中さんがこれからうりえるさんとのことをどうするかはわからないけれど、
散々突き放しておいて尚も、一応申し訳ないという気持ちは持ち合わせているとのことでした。



けれど、仮にそういう気持ちが竹中さんの中にあるとしても、
それをどう受けとめたらいいかわからないまま、時間だけが過ぎていきました。




体力も回復していき、これまで通り少しずつ首都圏や関東方面への出張が増えてきたころ、
私は出張に使っている愛車の整備のため、近所の車の整備工場に行きました。


その工場では、高杉という男が私の車の担当に当たってくれていました。

高杉は私の幼馴染で、親の代から続いている整備工場で働いていました。


私の出向いた時間がちょうどすいている時間帯だったためか、他にお客さんは誰もおらず、高杉のお父さんも仕事で外に出ていたため、工場内には私と高杉の二人しかいませんでした。

幼馴染で、震災の後も近所に住んでいた割にはなかなか会う機会もなく、
久しぶりに会った私たちは、整備の合間合間に、
他愛のない世間話や、最近生まれたという彼の子供の話などで盛り上がっていました。



本当に、高杉は気心知れた仲間で、何かと困ったことがあれば、相談していた相手です。
けれど、震災で辛い思いをしたことや竹中さんとのことなどは、それまで一切話したことはありませんでした。


しかし、この頃は私も落ち込んでいたのでしょう。
誰かに聞いてほしかったんだと思います。
思い切って、高杉にこれまで竹中さんとの間にあったことを話してみました。


ーインターネットで配信なんて、絶対ドン引きされるー


そう思いながらも、私の頭の中はパンク寸前だったのでしょう。
配信を始めた経緯からアカウントまで、すべて話していました。


すると、高杉の口から意外な言葉が飛び出しました。

「俺も結構ネットやってるよ!たぶんしろよりもずっと前から。
俺はあんまり友達が多い方じゃないからさ、ネットを通じて友達が増えたらいいなって!」

意外でした。
幼いころから知っていて近くにいて気心知れた中であったせいもあるのでしょう。
高杉は友達が少ないなんて思ったこともありませんでした。
そして、ネット配信者としては私よりもはるかに先輩であったことも知りませんでした。

絶対、「ネットで配信とかお前、根暗過ぎない!?」
とか言われると思っていたのに、それどころか私の配信を見てみたいとすら言われてしまいました。

ただただ、驚きました。


本当に、私は偏見だらけの狭い世界にいたんだなと強く感じました。


予定していた整備もすっかり終わっていたのに、高杉は最後まで話を聞いてくれました。
そして、私に言いました。

「しろは、素直すぎる。」



以前、配信を始めたばかりのころにも、私によく懐いてくれていた学生のの視聴者さんにも、同じことを言われました。

「しろ姉は根っからの悪人なんていないって言うし、倫理の授業で習った性善説って奴を本当に信じているような人間だけど、いつか本当に悪い人に騙されないか心配。」


確かに、中学のころには、クラスにはそれなりに悪いことをしている同級生もいたし、
テレビをつければ、ニュースで犯罪が取り扱われない日なんてありませんし、不倫がテーマのどろどろの昼ドラなんかも放送されていたりもします。

今も昔もです。

けれど、いつもどこか他人事のように思えていて、
違う世界のお話としか考えられていなかったのかもしれません。


お堅い職業の両親に、少しか保護に育てられてしまったせいか、
本当に思考が温室育ちだったようです。