「あれは本気だったと思うよ。けど、仮にそれを実行したとしても、こっちには確認のしようがないからね。」


女性関係を清算して、私を迎え入れる準備をする。

これまでの所業を考えれば、その時は本気だったとしても、今はどうかはわかりません。
何より、仕事のために複数の女性たちとそういうことをしているというのならば、
その生命線たるものを切る覚悟が本当にあるのか…。

あるいは、私などのために切らせてしまってもいいものなのか…。


私は思案していました。


すると、奈美ちゃんが続けます。

「あの男に、どこまでやれるかわからないけど、既に切る作業とやらは始めているみたいだよ。
ほんの今朝の話なんだけど、うりえるじゃないけど、あいつの配信の視聴者が一人、『彼氏と別れました』みたいなことをTwitterに上げていたからね。
9人のうちの一人という確証はないけれど、私は可能性は大いにあると思って見ているよ。」


ーそうか、既に始めているのか…縁切りの作業をー


「あの男の話が本当なら、他の女たちもうまい具合に他の同業者の男に売られるか、さっさと何らかの方法で金にするんじゃないかな。
そんな人数、すぐには捌けないだろうがって言ったら、こいつらのことは金としか見ていないから、いつでも切れますとか言ってたよ。残酷だけど、そこまでしてあんたを取り戻したいみたいだよ。
多分、あんたにしてもらったみたいに真剣に誰かに思われたことなんてなかったんだろうね。
それのありがたみに今頃気が付いたみたいだよ。
本当に馬鹿な男だね。」



私の見えないところで、人ひとり、いや、何人もの人の人生が変わろうとしていることに、少し戸惑いを感じました。

しかし、これは彼自身が竹中さんの意志で行っていることです。
そもそも、9股もかけていること自体がほめられたことではないですし、
目的は何であれ、それを卒業しようとしているこの人を、下手に私が口をはさんで止めることなどできようはずがありません。


竹中さんにある意味利用された人は、かわいそうだったかもしれません。
けれど、その人たちのことを思いやれるほどの気持ちの余裕は、私は持ち合わせていませんでした。


かといって、じゃあ、竹中さんとよりを戻したいかと聞かれれば、
それもまだ考えられない状況です。



「別に、こんな話聞いたからって、あんたが責任を感じることはないし、一番悪いのは竹中なんだよ。そこは、何がどう動こうが変わらない。
私も、竹中がここまでしているんだから、あんたもよりを戻す方向で考えてあげたら?なんて言うつもりもないよ。
たださ、あのバカもバカなりにいろいろ考えてるのは確かだし、お人好しのあんたのことだから、あのバカがどうしてるか心配なんじゃないかと思って話しただけさ。
だから、頭の片隅に入れておくだけでいい。何なら今の話は忘れてもいいよ。
私が話したかったから話しただけさ。」


奈美ちゃんには、本当にかなわないと思いました。

未練という言葉では片づけられないような、竹中さんへの心配と不安が渦巻いては消えている毎日だったのは確かです。
ちゃんとこの先、この人は生きていけるのだろうか…。
親心のような心配をしていた日さえありました。


本当に、どこまでも私の心の内を読んでいる人だなあと感じてしまいました。