竹中さんの姿を見つけたはいいものの、私はそんな顔をして会ったら良いのかわかりませんでした。

向こうから受けた傷を考えると、笑顔で再会するのも違うような気がしました。
何より、私が笑顔と作れなかったというのもあります。

竹中さんとの距離がどんどん縮まり、私は思わず目を逸らしてしまいました。
気づいていないふりを決め込んでしまいました。

本当に、わからなかったのです。


同い年とは思えないほどに、すっかり年を取ってしまったようなこの人に、かけてあげる言葉も見つからなければ、
自分を追い詰めたこの人に、ねぎらいの言葉をかけてあげられるほどの余裕も見つからなかったのです。
距離を詰められれば詰められるほど、私は視線に迷い、鞄を握りしめてうつむいてしまいました。



けれど、とうとう気づいいていないふりもできなくなった距離に来て、私はようやく、
顔を上げました。


その距離は1メートルもなかったと思います。


そして私は、おそらく、すごく険しい顔をしていたと思います。

けれど、それとは対照的に、竹中さんはどこか安堵したような笑顔を向けていました。
それでいて、何か珍しいものを見るような目でもありました。
なめまわすように、私の足先から頭の先まで、まじまじと見ていました。


ーそうか、前回はまだ髪が短かったんだっけー


半年の間に、私は髪を伸ばし、もともと伸びるのが早かった私の髪は、ショートヘアから、すっかりロングヘアになっていました。
改めて、会っていなかった時間の長さを感じました。


そこで私は、はたと思い出しました。


ーそうだ、竹中さん用に部屋を一つ取っておいたんだったー


一番初めに会ったとき、私は自分が宿泊するためにホテルをとっていました。
しかし、二人で別のところに宿泊してしまったため、自分のホテルに荷物絵お取りに戻る際には、チェックアウトギリギリの時間になってしまっていました。

今回はそれを避けるために、同じホテルの別室に、部屋を取っておきました。
同じ部屋で宿泊…という気分にはなれなかったのです。

また、私は建前上ではありましたが、「仕事のついでに」あっているということにしていました。
なので、私はあくまで仕事のついでであり、この人に会うためにわざわざここに来たのではない…。
だから堂々としていればいい。


私はひと呼吸おいて、竹中さんに声を掛けました。

「お疲れ様。
疲れたでしょ。一部屋余分に取ってあるからさ、とりあえず休みなよ。」

精一杯の作り笑顔で、私はエントランスへと竹中さんを招き入れました。

「部屋まで取ってくれてたんだ。
後でお金出すから。」

少しほっとしたような笑顔を向けていました。
そして、とても穏やかな口調でした。


ーこんなに穏やかに離す人だったっけ?ー


わずかな違和感を覚えましたが、私は

「いいよいいよ。
こんなに疲れた顔している人から、お金なんて取れないよ。
それに、まとめて部屋を取ったから安かったんだよ。だから気にしないでいいよ。」

少し、おどけた口調でそう話すと、竹中さんも了承し、
私はその部屋へと案内しました。


私が預かっていた部屋の扉を開け、竹中さんを先に通しました。

他の部屋の人たちはとっくに寝静まっている時間帯です。
私は、外で話すのも周りの迷惑になってしまうと思い、一歩だけ部屋の中に入り、竹中さんに部屋の鍵を渡しました。


「はい。ここの部屋の鍵。渡しておくよ。
私は一つ上のフロアに部屋を取ってあるからさ、ひと休み出来たら連絡して。
疲れてるでしょ。」


会えないかと、誘われてきたはずなのに、どうしても居心地が悪く、私は足早にその部屋を出ようとしました。


「確かに疲れたし横になりたいし眠い。けど、しろに大事な話がある。」


踵を返した私でしたが、こう、不意に部屋の中から声をかけられ、思わず振り返ってしまいました。

「大事な話?」

「そう、大事な話。」

真剣なまなざしでそういうと、部屋の中から手招きしてきました。

ー私も覚悟を決めなければならないー


私は、竹中さんの部屋の中へ歩を進め、そしてベッドに座る竹中さんに向き合う形で座りました。