バカを見た正直者

ーネット恋愛や、ネットからの恋愛をしているあなたに読んでほしいブログー

Tag:遠距離恋愛

ー今日もまた、彼からの連絡はなかった。明日には来るのかなー


そう思いながら、相変わらず寂しい日々を送っていました。
涙があふれそうになるたびに、「いや、向こうも仕事なのだから仕方ない!」と、心が折れないようにしながら必死に自分を保っていました。


そんな中、ふと思い立って、幼馴染の高杉に連絡を入れてみました。
彼を疑いたくはありません。
あくまで仕事なのだと思いたい。
けれど、どうしてもぬぐい切れない不安から、私よりもネットにいる期間の長いこの友人に相談してみることにしました。

「あのさ、彼女からの連絡よりも、他の女の人と寝落ち通話とかって普通するものなのかな。」

私の中で、連絡が少ないことも気にはなっていましたが、その原因が他の女性との通話だと知ってから、心が張り裂けるような思いをしてきました。

ーあれだって、もしかしたらまさみさんをネットスカウトするための手段だったのかもしれないー

それが良いことか悪いことかは、いくら恋愛で少し視野が狭くなった私でもわかります。


ーけれど、それでも、お仕事の一環であってほしいー


半ば、祈るような思いで高杉からの返信を待ちました。

「ネットの世界じゃよくあることだよ。彼女がいても他の女と寝落ち通話とかさ。
もちろん、しろの彼氏がsぴしているっていうわけじゃないけど、浮気だってあると思うよ。
しろは一途だから、わからないかもしれないけれど。」


祈りは砕かれました。
もちろん、高杉が話しているのは一例であり、彼がそうだと断定できるものではありません。
高杉自身も、一途に奥さんのことを思い、結婚したのですから。


けれど、少なからず、このまさみさんという女性と話をしていて私との連絡が取れなかったのは確かです。
おそらく、一度や二度じゃないでしょう。


高杉からの返信を見て、私はあふれる感情が止まりませんでした。

ー私は、彼にとって連絡する価値もない女…ー



完全に自分を見失った瞬間でした。
それでも、私はまだ希望を捨てたくはありませんでした。

私は、私よりもネット歴が長くて、かつ異性の意見を聞こうととある人に連絡を入れました。
レリックさんこと、土屋栄一さんです。

土屋さんにも、私は同じ問いを投げかけました。
すると、思いのほか早く返信が来ました。


「付き合っているなら、そんなことはしないと思うなあ。
第一、しろがずっと待ってるの知ってるんでしょ?
そんな一途な女の子がいるのに、ふつう放っておかないと思うけれど。」

真逆の意見でした。
少しほっとしつつも、私の気持ちが実は彼には届いていないのではないかという疑念も湧いてきました。
さらに土屋さんは続けます。

「俺だったら、そんな彼女がいたら放っておかないけどなあ。」


聞くところによると、土屋さんは私や彼、高杉よりも年が上だといいます。


ー人生経験がそれなりにある人がそういうなら、そうなのかもしれないなー


もう少しだけ、
彼の仕事が落ち着くのを待とうと思いました。
連絡する間もないくらい、仕事が忙しいんだと思うことにしました。
かなり無理がある考えかもしれませんでしたが、私にはそうすることしかできませんでした。


そんななか、私はふと思い立ち、彼に贈り物をすることにしました。

おそらく、体を壊しても医者にかかる時間もないであろう彼のために、家庭用の常備薬と簡単に食べられるもの、そして手紙と、お仕事を頑張っているという彼へのとある有名な神社からいただいてきたお守り。

これを、彼のもとに郵送することにしました。
もちろん、彼に事前に連絡を入れました。

「亮平くんに送りたいものがあるんだけど、ゆうパックで送ったら届くかな?」

「大丈夫だよ!何だろう?待ってるね。」

思いのほか、早い返信でした。
私は荷物を丁寧に包み、翌日の仕事の昼休みに、郵便局にもっていきました。


受け取ってもらえると信じて。

我慢の日々は、1か月以上は続いていました。

徐々に、私の心も壊れ始めていました。

ー何のために、あんなに必死に復縁を迫ってきたのだろうー

心ここにあらずな状況で、淡々と私は私の仕事をこなしていました。


そんな日々が続くとある平日の午後。
夕ご飯を作りながら、私は彼と別れた際に作った新たな配信アカウント「はる」として、雑談しながら配信をしていました。

あまりまじめに意気込んで作ったアカウントではなかったので、配信自体もいい加減なものでした。
話したいことをのんびりと話す、飽きれば黙る、それくらいいい加減なものでした。


そこへ、見たことのないアイコンの男性視聴者さんがやってきました。

「初見です。この歌い手さん好きなんですか?」


私はその時、自分の好きな歌い手さんの曲を流しながら配信をしていました。
今でこそ配信サイトによってはできないことかもしれませんが、その当時は全く規制がなかったのです。


「そうですよー!これ知ってる人、初めて会えた気がする!」

マイナーな方ではありませんでしたが、あえて配信などで使用する人は少ないような歌い手さんの曲でした。ましてや、これまでも使用させていただいていた曲でしたが、その話をしてくる人は初めてだったので、驚きました。


その方のアカウント名はレリックさんでした。
もちろん本名ではありません。

けれど、レリックさんは特に面白くもないような私の配信に、毎日のように顔を出していました。
いえ、むしろ、ずっと居座っていました。

特に何かをするわけではありません。
けれど、ほぼ毎回、最初から最後までいました。
ネットとは言え、何か間違いがあってはいけません。私はそれとなく、自分には彼氏がいて、他の誰かと付き合うつもりは毛頭ないということを話していました。

しかし、レリックさんの反応は特に変わりはありませんでした。

ーあ、この人は特にネットに出会いを求めているわけではないんだー

少し安心しました。
また、レリックさんには、ストーカーのような嫌な感じは全くありませんでした。
自分は自分で作業用BGMに私の配信を聞いているような感じでした。


私としても、時間が空いていて、かつ彼からの連絡を待っていて寂しい時などにしか配信はしていませんでした。
ですので、レリックさんをはじめ、出会いを求めているわけではないけれどただ何となく配信を聞いている人がいて、私は離したいことだけ話す…。いい気晴らしにはなっていました。


けれど、所詮気晴らしは気晴らしです。

心の傷は日を追うにつれ、広がり、そして深くなる一方でした。
事実、彼からの連絡も本当に途絶えがちになっていました。


そんなある夜、いつものように、気晴らしに配信をしていました。
時間帯もあるのでしょう。
もともとそんなに人が多く来るような配信ではありませんでしたが、その日はレリックさん一人だけしかいませんでした。

私は、レリックさんには自分には彼氏がいることも、また他の誰とも付き合うつもりはないことを話していましたので、ある意味油断していました。

誰も来ないので、何の気なしにレリックさんに悩んでいたことを打ち明けてしまいました。

彼から一度捨てられたこと
なのに彼に懇願されて復縁したこと
そしてその彼からほったらかしにされていること

後半は泣きそうになっていました。
いえ、これが泣きぬれていたかもしれません。


レリックさんは私の話を頷きながら聞いていてくれました。

しかし、その場は配信サイトであり、いつ誰が来るかもわかりません。
私はかなり抵抗がありましたが、結局レリックさんとLINEを交換することにしました。


ー男性の目線のほうが、私や奈美ちゃんだけで悩むよりも、いい解決法が見つかるかもしれないー


けれど、LINE交換はしたものの、私は通話どころか、あまり連絡もろくにとっていませんでした。
どこかで、彼に対して後ろめたさを持っていたのかもしれません。

必要以上に、連絡はしていませんでした。
むしろ、私からの連絡は皆無だったと思います。


だって私は、あなたの彼女ではなく、あくまで竹中さんの彼女なのですから。

地元に帰ってからは、またいつも通りの生活がスタートしました。


私は朝起きて仕事へ行き、
彼は夕方に起きて仕事へ行く。

相変わらずすれ違っていましたが、私たちには約束がありました。

「夏になったら、温泉に行こうね。」

彼から言い出したことでした。
私はそれまで、派手な世界に生きている彼がそのようなものを好むということは知らず、少し驚いてしまいました。
しかし、私はそういう世界にいるからこそ、彼はたまにはゆっくりしたいのだろうと、二人で温泉に行く約束をしました。

互いの空き時間を利用しながら連絡を取り合い、どんなところがいいかLINEで話し合っていました。
また、荷物のことなど考えて、彼とどこかの駅で待ち合わせて、私が車を出すことも決まっていました。

けれど、肝心の予定期日がなかなか確定しませんでした。


予定日さえ決まれば、先に有給の希望を出せるので、私は行くのなら早めに日程を決めたかったです。
また、宿泊先の予約も私の担当になってしまっていたので、その兼ね合いもあり、早めに彼の予定を知りたい状況でした。

しかし、こういう職業からなのかもしれません。
なかなか日程が知らされることはありませんでした。

職業柄仕方ないと割り切りつつも、言い出したのは彼でしたが本当は楽しみにしていないのかなと、一抹の不安を覚え始めました。


また、不安材料はそれだけではありませんでした。

元来、あまり相手を束縛をするのが好きではなく、また彼も立場上、私に束縛されるのはあまりよくないものだと思い、変に束縛はしませんでした。

けれど、それをいいことになのでしょうか…。

ほったらかしにされることが多くなりました。
温泉の計画の話し合いも、ろくに進みませんでした。


お仕事が忙しいのならば仕方ありません。
けれど、その話し合いの最中にも、突然返信がなくなったかと思えばネットの配信を始めたり、
「通話しない?」
と誘えば、
「来週の火曜日の10時ならいいよ。」
と、少し遠い時間を指定されてしまう始末でした。

けれど、仕事が忙しいのならば仕方ないと、ずっと涙をのんでいました。
それまでの間、彼がネットで配信をしていても、「きっとこれはお仕事の一環なのだ」と涙をのんでいました。

そして迎えた翌週の火曜日の10時。

彼から連絡はありません。
仕方がないので、10分くらい過ぎてから、私から掛けました。

出てくれません。

予定よりも半日以上過ぎてから、寝過ごしたと彼から連絡がありました。
もはや、本当かどうかも分かりません。

また、急に用事がありこちらから掛けた際には、話し中でした。

もう、疑心暗鬼にならざるを得ない状況でした。



そんな中、一人の女性が現れました。

「まさみ」と名乗る、ネットの配信者さんでした。
この方には、彼氏などの特定の方はいらっしゃらないようでした。

けれど、たいてい一人や二人、視聴者さんがいらっしゃって、その方を捕まえては長時間通話ばかりしているような人でした。
おそらく、何らかの事情で無職だったのでしょう。
私とは違い、時間がかなりあるように見えました。

この、私との違いが致命的なものになりました。

このまさみさん、彼とは恋愛的な関係ではないにせよ、私が仕事に出ている日中は、ずっと彼と通話をしていたようなのです。
当然、彼は夜はお仕事をしているのでいつも昼間は寝てしまうのですが、通話で彼を寝かしつけているようなのです。
私が連絡しても話し中なのは、全部が全部まさみさんとの通話ではないかもしれませんが、私は少なからず、心に冷たい風が吹き抜けていったのは言うまではありません。

念のため、奈美ちゃんにも相談してみました。


彼から、毎日のように復縁の相談を受けていた奈美ちゃんです。
この話を聞いて、怒らないわけがありませんでした。
遠距離恋愛なのに、連絡すらまともにとろうとしない…
ましてや、その理由が他の女性との通話でしたから。

そして程なくして、奈美ちゃんから連絡がありました。

他にも数名いるかもしれないけれど、確かにまさみさんとは連絡を取っていて、そのせいで私からと連絡を取れずにいることが何度もあったと。
直接まさみさんの配信に視聴者として潜り込んで話を聞いたそうなので、間違いはありませんでした。


普段の通話以外のやり取りも、だんだんと雑になり、減ってきていました。
けれど、お仕事なんだから仕方ないと、我慢していました。

たまに、辛い気持ちを彼に短い文章で伝えることはありましたが、それでも気持ちのほんの一部しか伝えられませんでした。



ー仕事の邪魔をしてはいけないー




本当に、我慢していました。

やがて彼も目を覚まし、それぞれ身支度を整えて、帰路に着くことにしました。

彼は、そのホテルからバスを使って50分ほどのところに住んでいました。
彼は一人で帰れるといっていましたが、仕事で使う道具なのでしょうか…。なぜかその日は大荷物でした。

そこで私は、彼をアパートまで自分の車で送ることにしました。
「私の車ならさ、アパートの前まで行けるし。
そんなに大荷物抱えて帰るのも大変でしょ?」

私たちはチェックインを済ませて、ホテルの駐車場を後にしました。
彼の道案内で、彼のアパートに向かっていたのですが、不意に彼が言い出しました。


「こんなに穏やかな運転する車に乗るの、本当に久しぶりだ。」

「え?」

思わず聞き返してしまいました。

「たまに職場のドライバーさんに送ってもらうこともあるんだけどさ、こんなに安全運転する人いないからさ。
ここの道だって、たぶん80キロくらい出して走ってるし。」


そこは交通量のそこそこある、住宅地の中の幹線道路のようなところでした。
そして、見通しもあまりよくありません。
どんなに急いだとしても、せいぜい50キロくらいしか出せないような道路でした。


「きっと、夜とか人のいない時間に走るから、スピードが出せちゃうんだろうね。」


穏やかに答えました。
もちろん、本当は良くないと思いますが、別に彼が運転しているわけでもないし、何より彼らの住む世界を否定しているような気分になりたくなくて、フォローしてしまいました。

すると突然、彼がまじまじとこちらを見ていることに気づきました。
何か変なこと言ったかな?と考えながら、どうかしたのかと聞いてみました。


「しろってさ、本当に運転できたんだね。」


今まで隣に乗っておきながら、突然何を言い出すのかと少しびっくりしてしまいました。
けれど、よく考えてみたら、それまで都内で会うときには私は新幹線で来ていました。
たとえ話には聞いていても、想像がつかなかったのでしょう。


「意外だった?本当に運転できちゃうのが。」

いたずらっぽく答えてみました。

「そんなことないよ。運転できるのも知ってたし、車が好きなのも知ってたけど、なんか意外な一面を見た気がしてさ。」


確かに、私たちは知っているようで、お互いに知らないことが多かったのかもしれません。

ー知らないことは、これからどんどん知っていけばいいー

そう思いながら、他愛のない話をしながら、彼のアパートの前に着きました。


「ありがとうね。」

「ううん。どういたしまして。また遊びに来るね。」


車中で別れのあいさつを交わしましたが、不意に彼が私の左手を握ってきました。
けれど、何も言葉を発しようとはしません。

私は、不意に、言いようのない不安に襲われました。


ー本当にまた会えるのかなー


一度辛い裏切りを受けた心は、一晩で埋められないほどの傷を負っていました。
私は、意を決して尋ねました。

「これからも、私を彼女にしておいてくれますか?」

目を見ることができず、伏し目がちで言ってしまったと思います。
彼はそんな私に、また突然口づけてきました。

白昼堂々、人通りもあるようなところで…。

けれど、そんなことは頭には入ってきませんでした。

唇を話すと、「もちろん」と笑顔で答えてくれました。


ーよかったー


「ありがとう。嬉しいよ。」


私たちは今度こそ別れの挨拶と、また会おうという約束をして、
彼は車を降り、私は車中から手を振ると、そのまま最寄りの高速道路のインターへと車を走らせました。

彼は、私が見えなくなるまで、アパートの前で見送ってくれました。





これが、最初で最後のドライブになるなんて思いもよりませんでした。
そして、この時が本当の地獄の始まりだなんて、知る由もありませんでした。

玄関の前に立っていたのは奈美ちゃんでした。


「遊びに来てあげたよー!」


泣き顔を見られたくはなかったけれど、
唯一、私のネットからの恋愛や竹中さんのことを知っている彼女です。

私も少し、話を聞いてもらいたかったのでしょう。
カギを開けて、奈美ちゃんを招き入れました。


「どうして泣いてんのさ。」


その言葉に、私の目からは堰を切ったように涙があふれてあふれて止まりませんでした。

そして、リビングの床に座ると、
今見つけてしまったアカウントのこと、
私は浮気されていたこと、
私だけ日陰者にされて辛かったこと、

すべてを打ち明けました。


奈美ちゃんは、最後までうなづきながら、私の話を聞いてくれました。

そして言いました。

「見つけちゃったんだね、あのアカウント。」

奈美ちゃんも少し前に、偶然、そのアカウントを見つけていたようです。
仕事の一環かもしれないけれど、実は浮気であったこと、そこまですべて知っていました。


そして、こう付け加えました。

「あの女も配信者らしくてね。
どんな女かと思って、あの女の配信に潜り込んできたんだよね。
昼間は派遣会社で少しだけ働いているけど、夜は風俗で働いているんだってさ。
昼間の仕事だって、世間体のためだけに働いているだけで、ほとんど真面目に働いてないみたいだよ。
知らないふりして本人に直接聞いてみたんだけど、彼氏には夜働いているのは内緒なんだってさ。
同じ夜の中でも、彼氏がドン引きするような仕事だからなんだってさ。」


奈美ちゃんは、本当に仕事が早かったです。


「付き合っていること自体、竹中のいうお仕事なのかどうかはわからないけど、しろが相手にするような価値はない女だよ。
夜職だから言ってるんじゃなくて、あいつは本当にしろに害しか与えないから、しろは関わらないほうがいい。」


うりえるさんにしたって、本当は壮絶な生い立ちがあって、どうしようもなく、そういう生活を強いられているのかもしれません。

もともとの私でしたら、そう思えていたでしょう。

奈美ちゃんは、わたしのその考えを優しすぎるといつも言っていました。


しかし、これが優しさならば、
この時の私は、完全に優しさをどこかに落としてきてしまっていたのでしょう。


冷たい私は、このうりえるさんに対して、同情心の一つすら持てずにいました。
不思議なくらい、心が、感情が動かなくなっていました。


奈美ちゃんは続けます。

「いずれにせよ、このうりえるって奴が何者であれ、竹中が犯した罪は大きいよ。
約束したんだろ?今度は浮気しないって。
言い寄ったのはどっちかわからないさ。けれど、約束を破ったのは竹中だ。
こいつらはまだ、私やしろがこのことに気づいていないと思ってる。
少し締め上げないと、大事な友達ををここまで傷つけた私の気が収まらないな。

しろ、少しこの男を締め上げてきてもかまわないよね?」


私はもう、頭が回っていませんでした。


「うん。思う存分、奈美ちゃんの気が済むまでお説教してきてもいいよ。奈美ちゃんが犯罪者にならない程度にね。」


私は完全に上の空でしたが、奈美ちゃんの申し出を受け入れました。
ただただ、私の身をいつも案じてくれていた彼女の申し出を断ることなんて、私にはできませんでした。

↑このページのトップヘ